夏の花火と屋形船の貸切

夏の花火と屋形船の貸切

夏の花火と屋形船の貸切 夏の花火は庶民の楽しみであり、古来より日本人の間で親しまれてきた風物詩です。
江戸時代の絵などにも花火は描かれており、江戸の華として古今東西で愛されています。
毎年、東京都内の花火大会には大勢の人々が繰り出します。真夏の気だるさを一気に吹き飛ばしてくれる素敵なイベントであり、友達やサークル仲間、あるいは恋人同士で出掛けられる人々も多い事でしょう。
ただネックになりますのが、席取りです。人気のイベントですので、良い席で鑑賞するとすれば、多額のコストや泊まりがけの席取りが必要となります。
炎天下の太陽が照りつける中、席取りするのは至難の業、気候の良い花見シーズンとは別物です。席取りの最中に熱中症で倒れは洒落になりませんし、数多くのライバルが同じ事を考えますので、頑張っても良い席が取れるとは言い切れません。
一方で賢いユーザーは貸切の屋形船を花火用にチャーターします。貸切の屋形船は船そのものがSランクの花火鑑賞席となります。
家族やカップル単位で借りられる小型の屋形船もありますし、花火大会のスケジュールに合わせて夕方から繰り出すベストなプランが用意されています。
毎年汗をかいて席取りをするのも、スマートに屋形船を貸切って真夏の華を楽しみましょう。

貸切で花火を楽しむ極上の夏

貸切で花火を楽しむ極上の夏 夏を楽しむ方法はいろいろありますが、日本ならではの風情をかんじさせるのが屋形船です。
屋形船というのは、東京湾を船で周遊する船のことです。貸切りのものもあれが乗り合いの場合もありますが、いずれにしても、東京湾や隅田川やスカイツリーさらにお台場、レインボーブリッジの風景を眺めることができます。
さらに夏ならではの楽しみは花火です。東京といえば隅田川の花火大会がありますが、それは花火大会の中でもとくに人気です。
大勢の仲間で屋形船を貸切をして花火を楽しんだりお料理を堪能することもできます。とくに屋台船では風景を楽しむのがメインと思われていますが、揚げたての天ぷらを味わえたり、江戸前の極上の料理もかなり人気になっているのです。
花火大会の日はとくに人気になっているので、予約をとるために1年前から予約が入りだすというのも頷けます。
どうしても予約したいという人はなるべく早めに予約をとっていくことが必要です。ただ、天候に左右されることなので、当日もかならず確認していくことが必要になります。
予約の方法はネットなどでもできるので、まずはホームぺージで情報を集めることからはじめるといいでしょう。
いろいろなサービスや料理があるので、大勢で貸切るのがいいでしょう。

屋形船の情報リンク

リーズナブルなプランもある屋形船情報サイト

貸切屋形船の予約

新着情報

◎2017/11/22

人気周遊コースの内容
の情報を更新しました。

◎2017/9/30

屋形船の面白さ
の情報を更新しました。

◎2017/7/27

寿司職人が乗った屋形船
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

屋形船の料理の紹介
の情報を更新しました。

◎2017/3/22

屋形船で食べれるお料理
の情報を更新しました。

◎2017/1/6

屋形船のイベントを楽しむ
の情報を更新しました。

「屋形船 夏」
に関連するツイート
Twitter

今回のの宴アルバムを作ったアプリの中に4年前のさよならポワソンドール屋形船のアルバムも入ってて見てたらやることほぼ同じでただ老けてて衝撃を受けました。そしてにこちゃんなんとも言えず良い pic.twitter.com/xkFXcVRKQx

今回のの宴アルバムのアプリの中に4年前のポワソンドールさよなら屋形船のアルバムも入ってて見てたらやることあんまり変わらないままただ老けてて衝撃を受けてます pic.twitter.com/ecP4jjtuYR

今年も屋形船に参加させてもらいました。 気候も丁度よく、なんだかの終わりを感じた。 楽しかった週末も終わり。 また明日からも頑張ろっと。 pic.twitter.com/53VUSa7ycS

の涼みは両国の 出船 入船 屋形船 上がる流星 星下り 玉屋がとりもつ縁かいな

今日は上野界隈グループの屋形船にお誘いいただきました。舟屋は浅草「あみ達」。デッキの風も気持ち良かった☝️の終わりの思い出をありがとうございました🙇‍♂️ pic.twitter.com/DOX3vzfigs

だから海とかナイトプールとか行ってほしい。浴衣で花火大会みるのもいいな。人混みを避けて屋形船か、花火がよく見えるお店で食事してるのもあり🙆‍♀️

の終わりの屋形船🍺 pic.twitter.com/Ma5d5xnAFk

返信先:@BdDJT9kCHRZACZ0 屋形船、いいですね😆 私は今日は十番祭りでした♪ お互い、いいの思い出ですね💞

【浮世絵を100倍楽しむ江戸文化】の楽しみといえば隅田川の納涼。川開きになると連日大量の屋形船、そして打上げ花火が上がったの。両国花火は八代吉宗が飢饉で亡くなった者の冥福を祈る水神祭を行った際、周辺の水茶屋が打上げたのがきっかけ。これが現代の隅田川花火大会に引き継がれているの。

返信先:@lime_hana んー✨優雅ですね🌆✨昔、会社の飲み会で東京湾から隅田川を往復するもんじゃ焼きの屋形船乗ったことあるんですが、飲み過ぎて何も覚えてません😭 らいむさんのの終わりにかんぱーい🥂